AmazonアウトレットでNexus7(2013モデル)を購入してみる

ネクサス7・2013年モデル
去年(2013年)の2月にNexus7(ネクサス・セブン)というタブレットを購入した。
今調べたらそのころに書いた記事もあった。

参考記事:Googleが公式に販売するタブレット・Nexus 7
https://www.firstsync.net/daily/4010/

しかし実はこのNexus7は7月に売ってしまっていた。
その理由としては、私はあまりタブレット自体を使うことがなかった。という点と、販売元であるGoogleからNexus7の次のモデルが出るという発表がされたためである。

というわけで次のモデルが出る前、つまり買取価格がまだ高いうちに売ってしまった。
それに何千円か追加して次のモデルを買おうと思っていたのだが、次のモデル、つまり現行型のNexus7は定価がかなり上がっており、購入することをやめた。

しかし先日、以前から所有していたiPod touch第5世代をネットオークションで売り、それがなかなかいい金額になったのでこれでNexus7でも買ってやろうかと考えていた。

参考記事:iPhone5ではなくiPod touch第5世代を購入する
https://www.firstsync.net/daily/2781/

スマートフォンやタブレットなどの進化の早いデバイスは、「まだ快適に使える時期でも、いい買取価格がつくぐらいのちょっと早めの時期に売る」というのが私の主義だ。
この時期を越してしまうとロクな価格もつかず、手元に置いておいても動作が重いなどの理由で使わない。という事態になり得る。

AmazonアウトレットでNexus7が安くなっている

そして数日前、ニュースアプリから以下のような記事を見つけた。
週刊アスキーのNexus7に関する記事
定価30,000円は超すはずの32GBモデルが24,672円だと!
16GBモデルを買うぐらいの金額ではないか。
つい先日、近所のPCショップでこの16GBモデルの中古品を23,000円で買おうとして思い留まった私としてはとても魅力的な価格である。
しかもこれは「倉庫内保管未開封、箱に小傷ありのほぼ新品」と書いてある。

この記事、本当かよ!? と思いつつ、疑問点を調べてみる。
販売元の「Amazonアウトレット」とは何か?
この点が重要である。
Amazonとは違うのか?
これを調べたら、以下のようなものらしい。

Amazon.co.jp が運営するAmazonアウトレットは、倉庫内で梱包に傷を負った商品・お客様から返品された商品のうち、商品の状態が良いにも関わらず、Amazon.co.jp の厳密な基準では新品として販売しないものを、「アウトレット品」(画面表記上は「中古品」と表示されます)という扱いで、お手頃な価格で販売するストアです。

Amazonアウトレットが取り扱う食品以外の商品は、梱包および商品の損傷状態により、「ほぼ新品」「非常に良い」「良い」「可」に分類され、アウトレット品(画面表記上は「中古品」と表示されます)として販売されます。梱包が輸送に耐えられないものや、商品が機能的に使用不可能だと判断できるほど損傷しているものは、Amazonアウトレットでは販売しません。 商品ページの「中古品の出品」をクリックすると、個別の状態の詳細が確認できますので、ご確認の上、安心してお買い物をお楽しみください。

一般的に言う「B級品」というやつのようだ。
Amazonの販売ページでも「ほぼ新品」と表記されていた(と思う)このNexus7に関しては使用はされていないようだから、箱にでも傷があるのだろうか。

しかし、もともと中古を買う予定だった私にとってはその程度のことは問題にはならない。
というわけで、即購入

次回の記事では、この「Amazonアウトレット」の販売する商品の品質がどのようなものかレポートしよう。

2014年6月12日:アマゾンアウトレットの商品の状態を検証する
https://www.firstsync.net/daily/5615/